Bel Canto・美しい歌声

オペラ歌手・矢口智恵さんと、智恵さんの出身地・世田谷区民合唱団周辺の音楽事情をcatmouseがお届けします。

矢口智恵リサイタル

yaguchitomoerisaital.jpg
2017年2月28日、矢口智恵リサイタルが開かれました。
会場は古賀政男音楽博物館 けやきホール。主催はケイ・アーツ・オフィス。
ピアニストは山口佳代さん。

スポンサーサイト

PageTop

ダンスパーティーにて

14702331_1192073770880478_9084950554673740035_n[1]

2017年1月27日 Elfi Minaという舞踏会によばれて、アリアを歌いました。
会場はリーガロイヤルホテル東京

続きを読む

PageTop

足立区の第九

adatidai9.jpg

2016年10月2日 あだちNPOが主催するフェスティバルが足立区の区役所で行われ、その一環として行われた第九のステージで、矢口智恵さんはアルトのソロを歌いました。
指揮は澤村杏太朗、ソプラノ西野薫、メゾソプラノ矢口智恵、テノール志田雄二、バリトン藤岡弦太。

久しぶりの記事のアップです。本当はもっといろいろなことがあったのですが、サボってしまいました。反省しています。

PageTop

ギャラリー夢二でのコンサート

ギャラリーゆめじでのコンサート


世田谷区民合唱団には

時々、ものすごく若いコが入ってくることがあります。

たいてい、あまり長く続かないのですが、

例外が2件あります。

そのうちの一人が矢口智恵さんです。

矢口智恵さんは16歳で入団しました。

その後、桐朋の短期大学に入学し、

学校の規則でいったん区民合唱団をやめましたが、

学校を卒業すると再入団し、

その4年後、

二期会のオペラ研修所に通いはじめるまで在籍しました。


もう一人は大学在学中に入団した男の子。

その子もジジババばかりの世田谷区民合唱団のどこがおもしろいのだか、

就職するまでずっといまして、

就職さきが遠隔地だったため退団しましたが、

その後、別の合唱団にはいったと報告にきました。

その団は、若い人がいっぱいいて、

私には、彼がやっと、いるべきところを見つけたと思い、

ホッとしたものです。

その彼が、

3月1日、

仲間とともに、合唱団の課外活動として、

個人演奏会を主催しました。

会場は、世田谷区民合唱団時代の友人でもあり、

出身高校の大先輩でもある、

このブログにもたびたび登場する世田谷のドミンゴこと、

藤原さんが経営するギャラリーゆめじ。

彼は、そのコンサートでソロも歌い、

彼が立ち上げたアンサンブルメンバーで

アンサンブルも歌いました。

その日は雨が降っていて、寒い一日でしたが、

若い人たちの楽しげな様子に、心が温まりました。



PageTop

リストランテ diDIVETTA のクリスマスコンサート

141210_203346_convert_20150221122311.jpg

記事のUPが前後しましたが、

2014年12月10日

アトリエムジカでディベッタのクリスマスコンサートがありました。

ディベッタとはディーバ(女神。オペラのトップシンガー等をそうよぶ)のたまごちゃんという意味

若手のオペラ歌手がディベッタというアンサンブルと組んで

演奏活動を行っていますが、

矢口智恵さんは、そのディベッタのメンバー。

写真はディベッタのメンバー、

内田智子さん、末千紘さん、鈴木美和子さんと、

客演の市川浩平さんと

ピアニストの喜嶋麻実さん。

真ん中のお二人はお客様ですが、

かっこいいですね。ウィンナーワルツを踊られる方です。

アトリエムジカは

普段は画廊ですが、

時折、こうして、コンサート会場になります。




PageTop