Bel Canto・美しい歌声

オペラ歌手・矢口智恵さんと、智恵さんの出身地・世田谷区民合唱団周辺の音楽事情をcatmouseがお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Settenbriniコンサートにて

夢遊病の女を歌う智恵さん

昨年の9月15日に行われたSettenbriniコンサートのときの写真が手に入りましたのでUPします。
会場は渋谷区幡ヶ谷にあるマイスペース・アスピア。
このとき智恵さんは「万霊節」とオペラ夢遊病の女より「ああ信じられない」を歌いました。
ピアニストは高畠愛さん。

このコンサートは里中トヨコ先生と針生美智子先生の門下会。
智恵さんは桐朋芸術短期大学時代、里中トヨコ先生にお世話になりました。

このコンサートで、智恵さんはトリをつとめ、最後に舞台に立ったとき、
里中先生は「ちょっとまって」と出て行って、ピアノの蓋を全開にしました。

コンサートにはプロのカメラマンをたのんでいたらしく、このほど演奏中の写真が数枚手に入りました。全身全霊で歌っている様子をカメラはとらえていました。
ならべてみるととってもいい写真ですし、貴重なので、順次、掲載していこうかと思っております。

ところで、智恵さんは今日、ズボンとシャツとネクタイで二期会に出かけていきました。

いったいどうしたのか?!

実はメッツォに転向したため、ロミオの役をもらったのです。
「ずぼん役」というわけです。
「そうなったからには男装に凝りたいわ。ネクタイピンないかしら?
 チョッキも着たいな」
「でもロミオってふわふわのブラウスなんじゃないの?」
「本番の舞台ではブラウスを着るけれど、
練習中は男性の感覚をつかむために今風の男装をしたいの。
それに今はいろいろな時代解釈で上演するのよ。
現代風の衣装でロミオとジュリエットもありなのよ」

そうなんだ。

スポンサーサイト

PageTop

成城ホール杮落としコンサート

5月17日、成城ホールの杮落としコンサートがありました。
主催は世田谷区のせたがや文化財団音楽事業部。

成城ホール杮落としにて
ま新しい成城ホールにて。左から矢口智恵さん、ピアニストの橋爪真由子さん、合唱団副委員長さん。

コンサートはせたがや文化財団音楽事業部に登録する世田谷フィルハーモニー管弦楽団、世田谷区民合唱団、世田谷区民吹奏楽団の3団体が参加しました。詳細はせたがや文化財団音楽事業部のホームページをご覧ください。

http://www.setagayamusic-pd.com/schedule/2009_05_17.html

世田谷区民合唱団の歌った曲目は次の通り。

? Kyrie(W.A.Mozart「戴冠ミサ」より) 
? Ave verum corpus(W.A.Mozart)
? 泉のうた(信長貴富「初心の歌」より)
? 雨(高田三郎「水のいのち」より)
? Sit laus plena,sit Sonora
      (F.Mendelsshon「ラウダ・シオン」より)
? Hallelujah(G.Handel)

合唱の指揮・指導は金川明裕先生。ピアニストは橋爪真由子先生。
そして、世田谷区民合唱団はこの日、自前のソリストで演奏を行いました。
テノールのソロは田中冨士夫さん。
ソプラノのソロは矢口智恵さん。

矢口智恵さんは16歳のとき世田谷区民合唱団に入団し、それがきっかけで桐朋芸術短期大学に進学し、ずっと声楽を学んできました。昨年、桐朋の研究科音楽専攻を卒業し、二期会オペラ研修所予科に入学。今年は二期会オペラ研修所本科に進級しました。

今回のコンサートの出場者を決めるにあたり「二期会のオペラ研修所に入ったので合唱団は辞めたけれど、団友として智恵さんにソロを歌ってもらったらどうか」という話が持ち上がり、このたびの杮落しでソリストを務めることになったのです。
モーツアルトの戴冠ミサ「Kyrie」とメンデルスゾーンのラウダシオン「Sit laus plena,sit Sonora」のソロパートを歌いました。
矢口智恵さんのソロは非常に明るいクリアーな歌声で「いやされた」と、コンサートにいらした方たちから絶賛の声を頂戴いたしました。
団員のテノール田中さんもなかなかいい声でした。声量という点では智恵さんにひけをとりませんでした。
残念ながら演奏中の写真はありません。
なぜなら、catmouseも歌っていたから。
しかも最前列で!

智恵さんの背が高いのです。10センチピンヒールを履いたので身長は170センチをゆうに超えました。
それで、いつものように、背の低い人が前列だとバランスが悪いということで、リハーサルの時、「背の高い人前に出て」と金川先生から言われ、いつも最後列の隅っこで歌っていたわたし達、catmouseとか副委員長さんとか、お花さんとか、きいちゃんとか、後組が前に出ました。
「もう、こんなこと二度とないよねえ」
なんて言いながら。
だれか写真とってくれてないかなあ。

5月22日追記:あ、あの日の写真がある!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。