Bel Canto・美しい歌声

オペラ歌手・矢口智恵さんと、智恵さんの出身地・世田谷区民合唱団周辺の音楽事情をcatmouseがお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

黒猫音楽隊

今年も黒猫室内楽団はせたがや文化財団音楽事業部が主催するアマチュアスペシャルライブに出場の応募をしている。

昨年は黒猫音楽隊という名前でアマチュアスペシャルライブに出た。


この黒猫音楽隊という名前にクレームをつけたのは、当時第2ヴァイオリンをつとめていたオニギリ・ジョーだった。

「かっこ悪いじゃないですか?」
というのだ。

どこが?

catmouseはビックリハテナである。
まあ、気持ちはわかる。
○○音楽隊というとマーチングバンドみたいだ。
大きな太鼓かなんかを首からさげてブッカブッカドンドン。

警視庁音楽隊
自衛隊音楽隊

そんなのを連想させる。

でも、かっこいいじゃないか。
それに、あの人たちうまいし。

だけど、多分、オニギリ・ジョーの繊細な美意識をかきみだしてしまうのだ。
音楽隊という名称は。

bamamanさんは「どっちでもええよ。名前なんか」とかおっしゃるから、音楽隊を支持するcatmouseと、室内楽団を支持するオニギリ・ジョーとの対決になった。

がcatmouseが折れたんだね。年上だし。
若い人にゆずったんだ。
黒猫室内楽団にした。

黒猫音楽隊だと、ほれ、ブレーメンの音楽隊みたいに、荷物を運べなくなったロバと、泥棒を追いかけることができなくなった犬と、鼠をとらなくなった猫と卵を産まない雄鶏の集まりみたいだからね。
catmouseはそれでもいいんだけどね。というか、むしろそうしたものを意識していた。

オニギリにはオニギリの美意識があるかもしれないけれど、catmouseにはcatmouseの美意識がある。
役にたたなかったり、人に受け入れられなかったり、問題にされないとかいった、マイナスの要素を笑い飛ばす図太い生命力といったものの美だ。

夏の終わり、空き地に放置された雑草を見たことがある?
草丈は大人の背を優に超えている。
天空に向かって勢いよくのびた草の先端。
夏の間、どうやらめだたない小さな花が咲いていたらしい。
初秋、その花が綿毛になって遠目にも白い花が咲いたように見えるようになった。
風が吹くと、綿毛はいっせいに飛び上がる。
うわー、やめてくれ!雑草が飛び散る!

ま、それをオニギリはいやがったんだね。

で、黒猫室内楽団になった。

ところが、そのオニギリがいなくなってしまったんだ。
ヴァイオリンを製作する学校に行ってしまった。
そのうち、黒猫の弦楽器ドクターとして帰ってきてくれることを、団員達は期待してるんだけれど。
張本人がいなくなった感はある。

そんなわけで、われわれ音楽グループの名前は今でも黒猫室内楽団だけれど、・・・catmouseの心のなかでは今も黒猫音楽隊なんだ。

スポンサーサイト

PageTop

オニギリ・ジョー! 聞いてるか?


昨年は第2ヴァイオリン:オニギリ・ジョーで出場したアマチュアスペシャルライブが、今年11月1日に烏山区民センターで開催される。

今年、オニギリ・ジョーは黒猫室内楽団にはいない。

オニギリは「ヴァイオリンをアマチュアでは終わらせたくない」と言って、ヴァイオリンを製作する学校に通い始め、黒猫を抜けた。

空席になった第2ヴァイオリンだったが、なっちゃんが来てくれた。
なっちゃんはピアノも弾けるし、バレーも踊れるのだ。歌ではアルトのパート。

そのなっちゃんがオニギリのために雑誌を持ってきてくれた。
その雑誌とは「Agora」2009年の2月号。
そこにヴァイオリン製作者・菊田浩氏の記事が載っていた。

菊田氏は40歳を過ぎてからヴァイオリン製作者になろうと思った。
それまでNHK放送局で音響ミクサーとしての道を歩んでいた。
ウィーンに出張したとき、骨董市で一台のヴァイオリンに出会った。
値段は3000円。しかしそれを見たとき、突然「これからこれを作ろう」と思ったのだそうだ。
NHKは40歳で退職した。

最初は独学で。見よう見まねで10台ばかり試作品を作った。
2001年からはイタリアに行き、クレモナ国際ヴァイオリン製作学校に入学した。
飛び級をして3年に編入。そこでロレンツォ・マルキに師事し、学校を主席で卒業。
卒業後はかねてより憧れだったキコラ・ラザーリに弟子入りを果たす。

2006年、ポーランドの「ヴォィエニアフスキー国際ヴァイオリン製作コンクール」で、2007年はモスクワの「チャイコフスキー国際コンクール・ヴァイオリン製作部門」でともに金メダルを受賞する。

現在はひさ子夫人とイタリア在住。

だから・・・?
いや、なっちゃんが持って来てくれたんだ。その雑誌。オニギリのために。
40歳でヴァイオリンの製作を始めた人がいる。
だからオニギリはそれより10年若いって言いたかったらしい。
師匠のマルキ氏がこんなことを言ってたそうだ。
「なにより、一途な思いが伝わった」って。
やっぱり一途な思いだよね。

10月31日午前10時。弦楽器フェアに行くからね。
キミの学校のブースの前で、こうちゃんとドッペル弾くから。何台かヴァイオリンを用意して待ってておくれ!


PageTop

銀座るたんでの画廊コンサート

智恵さんの画廊コンサートの時間と曲目が決まりましたのでお知らせします。

日時 2009年11月3日(火・祝)
   第一回目 15:00?
   第二回目 17:00?

会場 画廊るたん

   〒104-0061
    東京都中央区銀座6?13?新保ビル2階

曲目 G.Donizetti 「Una lagrima」(一滴の涙)第一回のみ
P.Cimara 「Nostalgia」(郷愁)第二回のみ
R.Strauss 「Malven」(あおい)
G.A.Rossini 歌劇「Semiramide」より
   “Bel raggio lusinghier”(麗しい光が)

入場無料

2009年9月の智恵さん
矢口智恵(メゾソプラノ)

ギタリストの斉藤さん
斉藤惟吹(ギター)

このコンサートは、小林道夫氏の個展が開かれている会場で行われます。
小林道夫氏は創造美術会員。
個展の開催日時は2009年11月2日(月)?11月7日(土)
11:00?18:00ですが最終日は17:00まで。
作品はフェルトペン小品画です。
入場無料です。
藝術の秋を、歌と絵画でお楽しみ下さい。

PageTop

小林道夫 個展 画廊コンサートのお知らせ

智恵さんの次のコンサートのお知らせです。

2009年11月3日(火・祝)
場所:画廊ルタン(東京都中央区銀座6?13?7 新保ビル2F)
時間:未定

リラックマとのツーショット
リラックマとツーショットの智恵さん

これは小林道夫さんとおっしゃる方が銀座の画廊で個展を開き、そのオープニングのイベントとして智恵さんが歌うことになったのです。

歌う曲はまだ未定。
画廊のことゆえ、ピアノがありません。
伴奏はギターです。

ギターは斉藤惟吹さん。

小林道夫氏は創造美術会員。
フェルトペン小品画による個展を2009年11月2日から11月7日まで画廊ルタンにて開きます。
開催時間は11:00?18:00(最終日は17:00まで)

PageTop

港特別支援学校での第2回ボランティアコンサート

お待たせしました!
8月29日に行われた智恵さんのコンサートの模様をお伝えします!

智恵さんのグリザベラ

東京都立港特別支援学校にて行われたボランティアコンサート。
昨年に引き続き、2回目の出場です。
智恵さんはミュージカル『CATS』のグリザベラになって[メモリー」を歌いました。
ちょっと光の具合でキャッツの片耳が見えませんね。

ではもう一枚。

葉月さんと智恵さん

左はピアニストの川瀬葉月さんです。
川瀬葉月さんはこのブログで前にもご紹介いたしましたが、先日、CDアルバムをリリースしました。
そのCDの題名にもなった作詞・作曲「ピンクの豚」をこの日、弾き語りで歌いました。

今年catmouseは残念ながら世田谷区民合唱団の強化練習があって聞きにいくことができませんでした。
そのせいで、この記事のUPも遅れたのですが・・・

今回第2回に出場した方々とプログラムは次の通り。

☆ディズニーのポカホンタスから「風の色」
  ピアノ:川瀬葉月  歌:林志布子(黒猫室内楽団所属)

☆葉月オリジナル曲「ピンクの豚」  
  弾き語り:川瀬葉月(レオンジャパンプロ所属)

☆イタリア歌曲から Respighi作曲「L'ultima ebbrezza」(最後の陶酔)
  ピアノ:川原玲子  歌:渡辺久美子

☆ディズニーのアラジンから「A whole new world」
  ピアノソロ:阿久津ちあき

☆ミュージカルCATより「memory」(追憶)
  ピアノ:川瀬葉月  歌:矢口智恵

☆フィナーレ イタリアのポップス「Con te partiro」(君と旅立とう)
  ピアノ:河原玲子  歌:全員


PageTop

ハーモニカを聞いた

ちょっと以前のことになりますが…
従兄がハーモニカをやっているといってやってきました。

Catmouseはふーんと思い、軽く考えていました。
ハーモニカと聞いて、catmouseは西部劇などに出てくる、哀愁を帯びた音色を思い浮かべました。
草原の夕暮れ、開拓民の小屋から流れてくるゆったりしたメロディー。
誰かが窓外にあるロッキングチェアにもたれて吹いている。
一日の労働が終わり、夕食をすませた後のささやかな楽しみ。
そんなものを思い浮かべたのです。
おお、従兄もついにそうした心境に?

しかし、従兄が目の前で吹いたのを聞いてびっくりしました。
クラシックの複雑な和音や音形を、従兄は口元にある小さな楽器から流出させていったのです。

「すごーい!」

catmouseはそれまで知りませんでした。
ハーモニカーがかくのごとく煌びやかな音楽を演奏できる楽器だということを。
そのハーモニカはクロマティクハーモニカというのだそうです。
もちろん、それを吹いた従兄の技術もすばらしいものでした。
同じ楽器を使っても、たぶんcatmouseはハトポッポしか吹けないでしょう。

先日、その従兄が電話をくれました。
「先生のコンサートにご招待したいのですが行きませんか?」
あいにくその日は別のコンサートが入っていました。
「でもどちらかというと先生のコンサートでなくアニィのコンサートにいきたいんだけど、そういうのないの」

 Catmouseは実は友だちが出るアマチュアのコンサートが好きです。
友情で行くから友コン、あるいは義理でいくから義理コンとでも呼びましょうか。
ちょい悪の語感がする義理コンって言い方のほうが、ちょっと面白くて好きなんですが…。
ようするに、catmouseは素人さんの演奏会はきらいではないんです。
 プロのに行くと、うまいのは当たり前。ちょっとミスすると減点して聞いていたりする。意地悪くなるんですね。
 でも素人さんのを聞いていると「うん、がんばっている。よくぞここまでやった。お茶碗洗いながら、洗濯もの干しながら、子供の面倒見ながら(プロもここらへんは同じだと思うのですが…)日常の中から僅かな時間をひねり出して、今日晴れ舞台」
と思うとね、ジーングシュッ ってなっちゃうのです。

話を戻します。
「僕のコンサート?この前、コンクールがあったんで出たけど賞はとれなかった。最終審査までは残ったんだけど」と従兄。
「それ、すごい!」
「いやいやいや…。僕としては先生のを聞いてもらいたい。
先生は和谷泰扶先生っていうの。じゃあね、コンサートに行けないならラジオ聞いて」
ハーモニカの伝道師か?

しかし、その番組は高校野球中継で流れました。
すると従兄からメールが入りました。
「本日のNHK FM2時からは高校野球。ハーモニカの演奏が聴けることを期待していたミュージックカフェは高校野球が中止の場合の予備番組となっていました。不正確な情報で申し訳ありませんでした。
推定原因は、NHK第一の同時間帯に党首討論が入り、第一で予定されていた高校野球がFMへ、ミュウージックカフェがはみ出されたようです。
NHKに問い合わせたところ8月25日火曜日、7時20分?9時15分NHK FMミュージックカフェで放送されるとのことでした。なお、この番組では全部で24曲が放送され、ハーモニカはそのうち番組の後半に4曲とのことでした。以上よろしくお願いいたします」

メールはこれだけではありませんでした。
放送予定日の数日前またメールがありました。

「先日のハーモニカ放送につきましては誤まった情報でご迷惑をおかけしました。
8月25日(火)午前7:20?午前9:15放送予定のNHK FMミュージックカフェについて改めてご連絡いたします。

NHKのホームページで検索できた上記の番組内容は以下の通りです。(中略)
番組表どおりの順番で放送されるとすれば、ハーモニカ(和谷先生)の演奏は
第18番目:ルーマニア狂詩曲ハーモニカとピアノ、15分09秒
第19番目:秋、11月の夢の歌、2分35秒 
第20番目:春、五月の夢の歌 1分56秒
第21番目:ベルベット・ワルツ 2分19秒
第19?21番目は、ハーモニカとギター(福田真一)です。

この後第22?24番目はアコーディオンの演奏が10分ほど続いて、番組は終わります。
いずれもCD録音版からの放送と思われます。
各曲の放送時間から推定すると、ハーモニカの放送開始は8時半以降となると思われます。
以上お時間がありましたら、どうぞお聞き下さい」


ハーモニカの放送時間はアニィの綿密な計算どおりでした。
番組の正式な名前はミュージックカフェではなくて、クラシックカフェでしたが。

ハーモニカの演奏が終わったところでcatmouseはメールをしました。
「聞きました。今はもうアコーディオンの演奏に変わっていますが」

メールが返ってきました。
「聴いていただいて有難うございます。
このアコーディオンのメーカーがホーナー製。私のハーモニカもホーナー製です。この会社のあるドイツのトロッシンゲンで年に一度のハーモニカフェスティバルが10月にあります。私も行って、ついでにコンテストに出る予定です」

きゃ?すごーい!

Catmouseがそうメールをすると
「ママさんコーラスの海外公演のようなもので、ツアー大半、聞く人の迷惑省みず、カラオケの点数が出るのと同じ感覚?」とかいう返事がかえってきましたが、何をご謙遜あそばされる。

Catmouseのヴァイオリン…自己流じゃやっぱりだめかな。先生につこうかな。お金ないしな…
新たな悩みを抱えるcatmouseでした…

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。