Bel Canto・美しい歌声

オペラ歌手・矢口智恵さんと、智恵さんの出身地・世田谷区民合唱団周辺の音楽事情をcatmouseがお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

クリスマスは教会で

今年も、クリスマスは教会で歌を歌いました。

2010年12月24日

ここで聖歌隊にまじってクリスマスを歌うのは今年で2回目です。
(イースターでも歌いましたが)

catmouseはキリスト教といえば、

カトリックと

プロテスタントの違いしか知りませんでしたが、

ミサが終わったとき、

指揮指導の鈴木先生が

「マリアとシメオンが上手くいってよかったわ。

 あのふたつが聖公会の特徴ですから

 やはりあれがうまくいかないと」

とおっしゃっていました。


聖公会?

そういえば、資料や楽譜などをいただいた封筒に


日本聖公会東京教区聖パウロ教会

とありました。


従来型のキリスト教に、

プロテスタントとカソリック以外の

宗派の違いがあるのだろうか?


と思い、ネットで調べてみました。

ありました。

聖公会とは、

どうやら英国国教会系の宗派のようです。


Wikipedia でひくと、こんな記述がありました。

聖公会の礼拝では聖歌を用いることが多く、ほとんどの教会には伴奏用のオルガンが備え付けられている。聖餐式では、司式者の入堂時(入堂聖歌)、福音書朗読前(昇階唱)、献金時(奉献唱)、陪餐時、司式者の退堂時(退堂聖歌)の5回歌われることが多い。そのほか、詠唱・チャントと呼ばれる旋律つきの式文もあり、キリエや、大栄光の歌(グロリア)、主の祈りのほか、聖書を詠唱することもある。

24日に行われたミサは、まさにそれでした。

わたしたちは福音書を節をつけて読み、

アンセムにグロリアを歌い、

会衆たちとともにクリスマスの聖歌を歌いました。


そこで密かに思ったのは、

洗礼も受けていない私たちが、

ここでこうして歌っていいのだろうか?

ということです。

聖歌隊は、

巫女と同じ立ち位置ではないのか?

教えに従い、敬虔な気持ちでクリスマスに臨んでいる

会衆の中にいる人たちこそ、

ここに立つべきではないか?

いや、立ちたくはないのだろうか?

と思いました。


合唱をずっとやっている私たちにとっては、

教会での聖歌隊は

合唱の原点。

また、

聖歌隊とは

人々の気持ちを神のもとにいざなう

伴走者のような役割を持っているようです。


そんな役、

したくないかしら?

信者さんなら・・・・・・


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。