Bel Canto・美しい歌声

オペラ歌手・矢口智恵さんと、智恵さんの出身地・世田谷区民合唱団周辺の音楽事情をcatmouseがお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ギャラリー夢二でのコンサート

ギャラリーゆめじでのコンサート


世田谷区民合唱団には

時々、ものすごく若いコが入ってくることがあります。

たいてい、あまり長く続かないのですが、

例外が2件あります。

そのうちの一人が矢口智恵さんです。

矢口智恵さんは16歳で入団しました。

その後、桐朋の短期大学に入学し、

学校の規則でいったん区民合唱団をやめましたが、

学校を卒業すると再入団し、

その4年後、

二期会のオペラ研修所に通いはじめるまで在籍しました。


もう一人は大学在学中に入団した男の子。

その子もジジババばかりの世田谷区民合唱団のどこがおもしろいのだか、

就職するまでずっといまして、

就職さきが遠隔地だったため退団しましたが、

その後、別の合唱団にはいったと報告にきました。

その団は、若い人がいっぱいいて、

私には、彼がやっと、いるべきところを見つけたと思い、

ホッとしたものです。

その彼が、

3月1日、

仲間とともに、合唱団の課外活動として、

個人演奏会を主催しました。

会場は、世田谷区民合唱団時代の友人でもあり、

出身高校の大先輩でもある、

このブログにもたびたび登場する世田谷のドミンゴこと、

藤原さんが経営するギャラリーゆめじ。

彼は、そのコンサートでソロも歌い、

彼が立ち上げたアンサンブルメンバーで

アンサンブルも歌いました。

その日は雨が降っていて、寒い一日でしたが、

若い人たちの楽しげな様子に、心が温まりました。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。