Bel Canto・美しい歌声

オペラ歌手・矢口智恵さんと、智恵さんの出身地・世田谷区民合唱団周辺の音楽事情をcatmouseがお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

七草粥

今日は七草粥
つくった。
マーケットで七草粥セットが売られている。
ワンセット280円。
(セリ)、(ナズナ)、御形(ゴギョウ)、繁縷(ハコベラ)、仏の座(ホトケノザ)、(スズナ)、蘿蔔(スズシロ)

これにうちではシメジとホタテをいれた。
おわんによそってから、柚子とほうれん草のおひたしを上にかざる。

粥をつくるときに歌う歌がある。

七草ナズナ、唐土の鳥が日本の土地に、渡らぬ先に、トントントトン、トントントトン

毎年七草粥のときは、どこそこのお寺が1000人分の七草粥をふるまったとかいうニュースが流れる。
いつだったか、「唐土の鳥が日本の土地に、渡らぬ先に」ってどういう意味でしょうかねえ、意味はわかりませんが、とキャスターがコメントしたことがあった。

でも今になってわかったんじゃない?
ようするに、渡り鳥が日本にインフルエンザを運んでくる前に、七草粥を食べて邪気を払おうという意味なんだよ、きっと。

でも、うちじゃ手遅れ。
既に1人病気になっちゃった人がいる。年末から大晦日、年始にかけて、資金稼ぎのアルバイトと飲み会や初詣などに忙しかった大学4年生がぶったおれた。この人、多少の熱や喉の痛みくらいなら出かけてしまうから、強烈な鉄槌が下されたみたいだ。「背中が痛いというか、気持ち悪いというか」とってもしんどそうだった。

すこし、ゆっくり体を休めなさい。そんな天啓なんだよ。

あらりちゃんにうつらないといいんだけどな。
11日コンサートなんだから。

そのための七草粥かな。




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

後日談

インフルエンザと診断された大学4年生がタミフルを処方された。
タミフルとは、十代の少年が服用すると、2階から飛び降りたりなど、異常行動をおこすことで知られている。
処方箋に注意書きがそえられていた。
十代の少年には処方はしない。十歳以下と20歳以上には処方をするが、服用後は幻覚、異常行動などが見られる場合があるので看視するよう、とあった。

それでcatmouseはこの日合唱の練習を休んだ。

catmouse | URL | 2009-01-09(Fri)10:37 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。