Bel Canto・美しい歌声

オペラ歌手・矢口智恵さんと、智恵さんの出身地・世田谷区民合唱団周辺の音楽事情をcatmouseがお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

トラさんの思い出


3月1日、「おーいニッポン」で歌う昭和の歌のメドレー”ラプソディ イン トウキョウ”のなかに「男はつらいよ」が入っている。
そこで久しぶりに元歌をきいてみた。
まずイントロが昭和の空気をなつかしくはこんできた。
第一話は見ていない。
「男はつらいよ」ファンの学校の先生から授業中に話だけきいたことを思い出した。

それによると、出だしは寅さんが葛飾柴又にある江戸川の河川敷を歩いている。
と、そこにゴルフのボールがとんでくる。
寅さんはゴルフボールを拾い上げると、プレーをしている人にむかって投げ返した。

先生はこの出だしを見たときの面白さと感動を授業中に語ったのだ。

これは今の若い人にはなかなか理解しがたいだろう。
当時、ゴルフというものは金持ちがやるスポーツで、一般庶民はルールさえも知らなかったという基礎知識がなければわからない。
野球ならみんな知っている。
野球は流れ弾を拾って投げ返してやるとお礼を言われる。
寅さんは野球と同じ感覚でゴルフボールを投げ返したのだ。
ところがゴルフではそれはプレー妨害にあたる。
いらぬ親切、よけいなお世話なのだ。
しかし寅さんは「いいことをした。きもちがいいなあ」とばかり土手を歩いていくのだ。

「男はつらいよ」のおかしみは、寅さんのハートが純粋で少年のようにきれいなのにもかかわらず、知識が欠如してるばっかりにはからずも人に迷惑をかけてしまうというところにある。また、迷惑をかけてしまったということが、寅さんの純粋なハートを傷つけてしまうのだが、そこがこの映画の切ないところだ。
全編に流れるこのおかしみと切なさを、この冒頭のゴルフボール投げ返し事件は象徴している、と、その先生は熱く語ったように思う。

また先生はこんなことも言っていた。
「実際、身近にああいう寅さんみたいな人がいると困るだろうね。ことに身内だとさ、困る。寅さんははっきりいって厄介者だ。だけど映画で見る限りにおいてはなんとも憎めない。愛すべき人物に思えてくるから不思議だ」
寅さんの人物が愛されたから何話もシリーズとして続いたのだろう。

ネットで渥美清の寅さんを見ることが出来る。
ホームページには寅さんの静止画が載っているが、写真を見つめていると声とか表情がよみがえってくる。ああ、かわいい。寅さん好き。ちっともハンサムじゃないけれど。
なんでそう感じるんだろう・・・・。
服装は中折れ帽にダボシャツ、毛糸の腹巻をして、その上から縞のジャケットを羽織っている。持っているのは四角いハードケースのトランク。
当時はそれはテキヤの標準スタイルだったかもしれない。
でも今じゃそんな恰好をしたテキヤさんはいない。
中折れ帽にダボシャツ、毛糸の腹巻に縞柄のジャケット、それに四角いハードケースのトランクは、それを着装すればだれでも寅さんに変装できるというトレードマーク的な服装になってしまった。

ところで歌の文句に
「目方で男が売れるならこんな苦労は?」
というのがある。
「目方ってなに?」
と若い人から聞かれた。
えっ?目方という言葉を知らない?
そっちのほうが驚きだった。
昔は普通に使っていたのに。

目方はいくら?
30匁

おっとこれは言いすぎ。
いくらcatmouseでももう匁は使っていませんでしたよ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。