Bel Canto・美しい歌声

オペラ歌手・矢口智恵さんと、智恵さんの出身地・世田谷区民合唱団周辺の音楽事情をcatmouseがお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

オラトリオの夕べ

矢口智恵さんから、ちらしを一枚もらいました。

「オラトリオの夕べ」
2009年6月11日
ティアラこうとう小ホール
18:30開演/18:00開場
チケット:¥1.800
主催*ケイ・アーツ・オフィス
(http://www.k-arts-office.jp/index.html)


あ、名前出てる。
Soprano:矢口智恵


え?ソプラノなの?
「メッツォのパートなんだけどね」
なにやるの?
「モーツァルトのハ短調ミサの≪Benedictus≫」

ハ短調ミサならcatmouseも世田谷区民合唱団で合唱部分を歌ったことがあります。
このとき≪Benedictus≫を歌ったのはソプラノ1:神谷明美先生、ソプラノ2:松永知子先生。
とってもきれいな歌でした。

松永知子先生は矢口智恵さんが音大を受験するときにお世話になった声楽の最初の先生です。
一番最初のオラトリオの演奏会で、その先生と同じ歌の同じパートを歌うなんて!

いえ、正確にいうと二番目の演奏なのですが・・・
5月17日の成城ホール杮落としコンサート「クラシック音楽三昧」で、モーツァルトの「戴冠ミサ」から≪Kyrie≫を、メンデルスゾーンの「ラウダ・シオン」から≪Sit laus plena,sit sonora≫のソロパートを歌うのですが、これが一番といえば一番です。でも、5月17日はオラトリオをやるわけではなくて、世田谷区民合唱団が成城ホールの杮落としを祝って歌う歌のひとつとして歌うだけですから、オラトリオの≪コンサートという意味で6月11日に歌うのが一番最初といってもいいでしょう。

オラトリオの夕べの演目はつぎのとおり
  G.F.ヘンデル作曲「メサイア」より
  W.A.モーツァルト作曲「ハ短調のミサ」より
  G.B.ペルゴレージ作曲「スタバト・マーテル」より
  G.ロッシーニ作曲「スタバト・マーテル」より
  A.ドヴォルザーク作曲「スタバト・マーテル」より

なにが美しいかといって声楽曲の中ではオラトリオの曲ほど美しいものはないとcatmouseなどは思っております。
天使の歌声を皆様も是非。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。