Bel Canto・美しい歌声

オペラ歌手・矢口智恵さんと、智恵さんの出身地・世田谷区民合唱団周辺の音楽事情をcatmouseがお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

智恵さん、漢祭で玉田仁志さんに遭遇

玉田仁志さんの漢祭コンサートにて

数ヶ月前のこと。
ひとつの足跡を見つけました。

「音楽の在る生活」
プロフィールに「東京藝術大学声楽科テノール専攻卒業」とありました。

オペラをやっている人が智恵さんの応援ブログをのぞきにきてくれた。
どんな人だろう・・・?

足跡をたどって、そのブログを訪れました。

その人はその時、オペラ「ラ・ワリー」の日本語字幕16字×2行の翻訳に頭を悩まし、
先輩に騙されて苦手なドクターペッパーを誤飲し、悲鳴を上げていました。
行間の間、字の大きさと色で、その人の持つハートの音色が伝わってきました。

面白い人。

「芸人ではありません。芸術科です」
とその人はブログに書いていましたけど・・・

それからcatmouseは時々そのブログを訪れるようになりました。
(はやく次の記事でないかなあ・・・更新おそいなあ)
新しい記事を楽しみにしていました。

そんなある日、所属する合唱団で定期演奏会のプログラムをつくることになり、広報委員の一人が見本として「ラ・ワリー」のプログラムを持ってきたのです。
そこにその人の名前がありました。

玉田仁志

東京芸大博士学位取得者によるオペラ研究公演として演奏会形式で行われたこのオペラのプログラムの前文をその人は書いていました。

「この人知ってる!」
広報委員会の会議室で叫んでしまいました。
・・・会ったこともないけど・・・むこうはcatmouseのことを知らないけど・・・

思い切って玉田さんのブログにコメントしてみました。
「プログラム見ました」
それだけの内容なのですが・・・
玉田さんがコメントをかえしてくれたのです。

「ルーン」
そんな気分でまたまた玉田さんのブログをのぞいていました。
ちょうど「漢祭」のちらしをトップに記事がアップされたばかり。
「ふんふん、大隈智佳子さんのプロデュースか。大隅さん、今度中野区民合唱団でヴェルディを歌うんだよ。Catmouseもビジターで合唱するの。大隅さんのヴェルディはとってもいいんだって。友達が、そう言ってcatmouseのチケット買ってくれたんだよ」とかいって、智恵さん画面を見せると、

「あ、このちらし!私、明日聞きに行くよ。ドイちゃんがチケットもらったからって誘ってくれたんだ」
「へー」

しめしめ、これでまたコメントできるぞ。
そのときはただそれだけのことを考えていました。

書き込んだコメント

「漢祭、catmouseのブログが応援している矢口智恵さんが観に行くそうですよ。芸大出身のドイちゃんに誘われたんですって。二人とも二期会オペラ研修所本科生です。」

コメントがかえってきました。

「ドイさんは芸大では同門下、同学年の友人で、今回彼女には僕がチケットをお渡ししました。
この世界は狭いですね…….(^^;  


わくわくしながら智恵さんからの土産ばなしとプログラムの到来を待ち望んでおりました。
冒頭の写真は戦利品です。
左から玉田仁志さん(テノール)、ドイちゃんこと土居愛実さん(ソプラノ)、矢口智恵さん(メゾソプラノ)、簡麻衣子さん(ソプラノ)。


注:矢口さん、土居さん、簡さんは二期会本科で同じクラス。ラーメン同好会のメンバーでもあります。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。