Bel Canto・美しい歌声

オペラ歌手・矢口智恵さんと、智恵さんの出身地・世田谷区民合唱団周辺の音楽事情をcatmouseがお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

20周年の記念パーティーにて

実はcatmouseは落ち込んでいるのです。
立ち上がれないよう!

うそ。

元気に立ち上がっていますが・・・
12月7日。所属する合唱団の20周年パーティがあったんです。
創団当時からいる人もたくさんいて、その人たちは20年経っちゃったんだから、みないい年齢です。
Catmouseは途中から入りましたが、12年経っちゃったので、catmouseもいい年齢です。

で、20周年の記念パーティーを、さる大学の、建ったばかりの新校舎10階スカイラウンジでとり行いました。
建物10階の西側の窓から、富士山がくっきり見えました。そしてその日、ことのほか美しい夕日を見ました。
catmouseはどんな気持ちでその夕日を眺めたのでしょうか。

実は、その場所は、catmouseの高校があった場所でした。都立高校だったのですが、都立高校の統廃合のため、catmouseの高校はなくなりました。その跡地を、隣の私立学校が買ったのです。
最新の設備を持つ校舎が建ちました。
吹き抜けのしゃれたラウンジに二人の女子大生が本とノートをひろげ、大学生らしいことをやっていました。

この大学は、昔は男子学生ばかりで、附属の高校はバンカラでならしたものです。
丈の長い学ランを着て、肩で風を切って歩いていました。
そこの、もと学生に話を聞く機会があり、当時、われわれ都立高校の生徒をどう見ていたか聞きました。
「自由な雰囲気で、女の子と一緒に歩いていて、うらやましかったですねえ」
これは当時の空気をものすごく的確に捉えている感想だと思います。
今、その自由の雰囲気さえ、その私立学校は吸収し、校風を変貌させていました。
都心にこれだけ広いキャンパスを持ち、しかも最新の設備。スカイラウンジからは富士が見える。
この学校はこれからも発展を続けるに違いありません。

でもcatmouseの高校は・・・

しかし今回落ち込んだのはそのせいではありませんでした。

20周年記念パーティーでcatmouseは有志と余興でヴァイオリンを弾いたのです。
キーボード1名、ヴァイオリン3名、そしてバスの歌手3名+飛び入り1名が「ベーベー」とチェロのパートを歌ったのです。
余興ですよ、余興。
そしてわれわれの本業はアマチュアですけれど合唱団。
それなのに、遅刻常習癖のある当団のコンダクターがまじ顔で「チェロはよかったけど、ヴァイオリンがひどかった」って言うんです。「もっとチェロに合わせろ」ってけっこう怖い顔で言ったんですよ。

ヴァイオリンも弾けるんだ、ぐらい言ってくれたっていいのに・・・

ショック!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

にゃ~
愛のよろこびを弾いて?
今ヴァイオリンないし・・・メンテで

catmouse | URL | 2008-12-14(Sun)07:26 [編集]


No title

それぐらいの事で。
くやしけりゃぁ、みかえしたりぃ~!v-293

bamaman | URL | 2008-12-13(Sat)16:07 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。