Bel Canto・美しい歌声

オペラ歌手・矢口智恵さんと、智恵さんの出身地・世田谷区民合唱団周辺の音楽事情をcatmouseがお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

横浜イギリス館でのメモリアルコンサート

いいお天気でした。
だからイギリス館での室内楽コンサート、すばらしかったです。
港の見える丘公園のバラ園

10月15日catmouseたちはかねてから楽しみにしていた豚マンを中華街で買って(一個500円するんだ。高!)港の見える丘公園に向かいました。
公園のバラ園にある東屋で買ってきた豚マンの昼食ととったあと、隣接するイギリス館にはいりました。

イギリス館は建物そのものが展示品なので、公園を訪れたかたたちが多数出たり入ったりしていました。
黒猫のなっちゃんが聞きに来てくれました。
グロリアの合唱に、なっちゃんも誘ったのですが、なっちゃんはバレーもやってて、お習字もやってて、どうしても時間がとれないからと参加はみあわせたのですが、聞きにきてくれたのです。

「楽しそうだった! わたしも参加すればよかった! 」
なっちゃんの感想。
そうですよ。歌ったほうが絶対楽しいんです。

あたたかい日差しのさす10月の昼下がり。
コンサート会場になった大広間の窓から木洩れ日がさしています。
リハーサルのときからすでに人々は出入りしていました。
なにしろ出入り自由。扉なんか閉めません。
でも音響はよかったです。
控え室のテーブルに・・・・・・


14:00にはじまったカール・ブランスタッド メモリアルコンサート
KBコールとKBメモリアルアンサンブル主催。
1950年代から1960年代。立教大学で聖歌隊とオーケストラに所属していたOBさんたちがブランスタッド先生をしのんで行うメモリアルコンサートです。
お客様はフリの方も含め、超満員でした。

演奏された曲目は ベートーベンの弦楽四重奏 作品18-4から第一楽章と第四楽章、モーツアルトの弦楽四重奏 KV421から第三楽章「メヌエット」、モーツアルトのコールアングレと弦楽の為のアダージョKV580a、エルガーやモーツアルトの Ave Verum Corpus モンクのEventide、ヴィヴァルディのGLORIA他。

コンサートをお知らせするはがきには
「立教キャンパスの一角に佇むブランスタッド先生の居宅、通称「五号館」が取り壊されることになった2007年盛夏、書棚の片隅に一編のミサ曲が残されていました。今、それが音になってよみがえります」とありましたが、

「その曲はどれにあたるのですか?」
ときいてみました。

そしたら、それはGLORIAだとのこと。
「全パートの楽譜が残されていたんです。で、是非、これがやりたいんだと、KBコールの人がアンサンブルに相談を持ちかけてきたとき、コーラスのメンバーはソプラノ、アルト、テナー、バリトン、の各パートが一人づついるだけ。そんな少ない人数でいったいどうするのかと思いを巡らした結果、知り合いを通じて世田谷区民合唱団さんにコーラスをお願いしたのです」

そんないきさつで、その日、そこに、catmouseたちは立つことになったのでした。

終わって、友情出演の合唱団のみ、主催者の指揮者にはいってもらってイギリス館の入り口で記念撮影をしました。
「ブログにのせていい?」
「いいよ。どうせ、顔は豆粒でしょう?」
では豆粒程度で。
グロリア有志合唱団



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。