Bel Canto・美しい歌声

オペラ歌手・矢口智恵さんと、智恵さんの出身地・世田谷区民合唱団周辺の音楽事情をcatmouseがお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

画廊るたん でのサロンコンサート

画廊るたんでのコンサート

ちょっとピントが甘いですが、画像を入手しましたのでUPいたします。

11月 3日、画廊るたん で開催されたサロンコンサートの時の写真です。
後にならんでいる絵は小林道夫さんのフェルトペン作品集。
伴奏はピアノではなく、ギターによるものでした。
ギタリストは斉藤惟吹さん。

小林道夫さんは建築家。
長年、仕事のかたわらで書き続けてきた作品を集め、個展を開きました。

オープニングで挨拶をした小林さん。
「いつ死ぬかわからないから、ここらへんで集大成として・・・・・・」
すると客席からお友だちの声。
「ところで、いつ死ぬんだい?」
あちこちから笑いがもれました。

会場は、小林さんと同年代と思われる紳士、淑女で超満員。
小林さんは
「わたしの絵の師匠が、むかし個展を開くときに、必ずオペラ歌手を呼んでオープニングを行ったので、わたしもそうしようと思って、今日、コンサートを行うことにしました。
矢口智恵さんは息子の音楽友だちで、私も彼女のコンサートを聴きに行きましたが、それは素晴らしい声の持ち主です。今日は、絵と、歌と、後ほどお出しするワインで、お楽しみ下さい」
そんな挨拶をされました。

ギターの斉藤惟吹さんは矢口智恵さんと同じ桐朋芸術短期大学出身。
第20回日本ギター重奏コンクール第一位。現在東京音楽学院講師。

演奏された曲目は、
 Caro mio ben
Una Lagrima
Bel raggio Lusingher
Malven

また演奏者二人から、小林さんへのお祝いとして
 Lascia Ch'io Pianga 
 ギター独奏で「スペイン舞曲」

が演奏されました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。