Bel Canto・美しい歌声

オペラ歌手・矢口智恵さんと、智恵さんの出身地・世田谷区民合唱団周辺の音楽事情をcatmouseがお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

事業仕分け・・・学校への芸術家派遣・・・

12月15日、チェーンメールが入りました。
それはこんな内容でした。

このたびの事業仕分けで厳しいことになってます…。
締め切りが12/15までと日にちがないのですが、
もし嘆願書をお送りいただける場合、住所と署名をよろしくお願いします。


もうご存知かも知れませんが、N響の○○さんからのメール転送します。
よろしくお願いします。


皆々様

ご存知でしょうが、急を要するので、メール致しました!
よろしければ読んで下さり、是非ご協力お願い申し上げます!!

お知り合いとかお友達に転送して頂けますと嬉しいです

民主党による事業仕分けによりオーケストラやそれに準ずる活動への予算が来年度から廃止・大幅削減される事になりそうです。

具体的には全国のオーケストラで発表されている来年度の定期演奏会などの公演の殆どが中止・プロジェクトの廃止となってしまいます。オーケストラが行う子供の為の音楽教室も無くなります。

そして1番大きな問題は日本の殆どのオーケストラが潰れてしまうということです。



日本のプロオーケストラ、ウインドオーケストラは国からの支援、企業による援助によってようやく演奏会を開く事が出来ます。華やかな舞台とは違い少ない予算と沢山の努力によってやっと経営出来ているのに国からの予算削減・事業廃止と言われたらたちまち仕事がなくなりオーケストラは解散するしかなくなります。このままだと全国に2つしかオーケストラが存在しなくなるかもしれません。

そうするとコンサートもオペラも、接する機会が無くなります。職を失うのは指揮者、楽団員だけでなく、事務局の方々、音楽事務所の方々、ホールを使わなくなれば赤字になり結局ホールの職員の人たちも生活が厳しくなります。一つの分野が衰退していけば様々な所に波及し、日本に芸術分野が存在しえなくなります。

小澤さん、飯森範親さん、中村紘子さん、藤岡幸男さん、作曲家の三枝さんなど楽界を代表される方たちが芸術文化を守るため活動してくださっています。

皆さんにも文化を守るため今の状況をご理解頂いた上ご協力して頂きたいことがあります。
これを読んで頂いた方にお願いがあります。
文化庁へ意見の申し立てのご協力をお願いしたく思います。
皆さんにEメールを2通送って頂くことにより事態が変わって行くかもしれません。
お忙しい中恐縮ですが芸術、音楽の必要性を政治家、仕分け人、行政、そしてたくさんの人に理解してもらう為に是非ご協力お願い致します。


メール(携帯、PCなどなんでも構いません)の内容ですが


【1通目】
nak-got@mext.go.jp

件名:事業番号「4」事業名「文化関係1 独立行政法人日本芸術文化振興会」

本文:中川正春文部科学副大臣 後藤斎文部科学大臣政務官
『芸術創造活動特別推進事業助成金の削減・廃止に反対します。』

最後に、ご住所とお名前を忘れずに!

【2通目】
nak-got@mext.go.jp

件名:事業番号「5」事業名「文化関係2―芸術家の国際交流(学校への芸術家派遣)」



本文
:中川正春文部科学副大臣 後藤斎文部科学大臣政務官
『プロ・オーケストラによる本物の舞台芸術体験事業の廃止に反対します。
この事業は日本の文化活動を底支えしようという事業、また子供達の感性を豊かにし、将来の日本を担う人材を幅広く育てよう、という事業だと考えます。
この事業の継続を強く希望します。』

最後に、ご住所とお名前を忘れずに!


期限は12/15です。


今沢山の人の声が必要です。
沢山の人にこの事態を知って頂き、ご協力をお願いしたいです。
芸術は儲かるものではないのかも知れないし、すぐ結果が見えるものではありませんが生きていく上で無くてはならないものです。
皆さんのご意見是非発信してください。

長文ですが読んでいただきありがとうございました。締め切り間近ですみません。
ご協力よろしくお願い申し上げます。


との事です。


宜しくお願い致します。


期限12月15日。

今日ではありませんか。

事業仕分けなど対岸の火事くらいに思っておりましたcatmouseにとって衝撃的な内容でした。

catmouseはもともとサイレントマジョリティー。
署名運動などあまりしたことがありませんでした。
せいぜい、友だちが持ってきた保育所に関する署名くらいなものです。

日本から2つを残して、それ以外のオーケストラがなくなる?
劇場、ホールもつぶれる?
時折、小編成のオーケストラを頼んで合唱を楽しむcatmouseにとって、それは大問題でした。
プロの音楽家の知り合いも大勢います。

事業仕分けを検索してみました。

11月11日付けの行政刷新会議 「事業仕分け」評議結果はこうなっています。

3?4(独)日本芸術文化振興会関係予算要求の縮減・・・・・・(圧倒的な縮減)
3?5文化関係? 芸術家の国際交流予算要求の縮減
伝統文化子ども教室・・・・・・国の事業として行わない
学校への芸術家派遣・・・・・・国の事業として行わない
コミュニケーション教育拠点形成・・・・・・国の事業として行わない

Catmouseは胸をドキドキさせながら、指定のアドレスに署名のメールを送信しました。
そして、そうだ!合唱団の友だちにも知らせよう!
知ってる限りのアドレスにこのメールを転送しました。
後日、その中の一人から
「わたしも署名したわ。そして5人の友だちに転送したわ」
との知らせをもらいました。


学校への芸術家等派遣事業は平成14年から始まり、平成20年度の実施件数は1246件に登りました。
謝礼については2009年の8月のPDFによると

・謝金:講師及び指導助手(伴奏者)にかかる謝金(文化庁諸謝金単価基準に準ずる額)
・旅費:講師及び指導助手(伴奏者)の住所から学校までの往復旅費
※ その他の経費は、都道府県(教育委員会等)、市(区)町村(教育委員会等)、開催校等の地元主催者が負担することになります。

とあります。

これによって、学校から招聘を受けた芸術家達が、全国の学校に赴きました。
その様子は下のPDFによって見ることができます。

http://www.bunka.go.jp/geijutsu_bunka/chiikibunka/shinkou/sisaku/haken/pdf/haken_pamph.pdf

謝礼金が芸術家達の生活を潤したかどうかはわかりません。
芸術家というものはそういう招聘にあうと、はりきって準備するからです。
子供たちが聞いてくれる。見てくれる。
感動を与えなきゃ。
そして、一人でも多く「わたしもやってみたいな」と思ってほしいな。
そんなことを考えるからです。


Catmouseの知っている歌手は呼ばれると、聞く人が喜びそうな歌を探すのに何時間もかけ、楽譜を用意し、CDを買い、ピアニストを自費でたのんで練習します。
補助金は本番の分しかお金はでません。
藝術はイマジネーションの世界。
見た目も美しくなきゃ。衣装はどうしようか。歌にあった衣装は? なんてことも考えます。
ひょっとすると足がでてるかもしれません。
でも、ピアニストの謝礼と、交通費があればいいや、と思って喜んで出かけます。


オーケストラ。
たいていの場合、ひっくるめてお金が払われますが、一人分に直すとそう多くありません。
学校派遣の場合はどうだったんでしょうかね?
一人ひとり、ソロと同じ金額が出ていたとしても、こちらも本番分しかお金が出ません。
ソリストなら練習場所は自宅でもできますが、オーケストラは防音装置のついた広い場所が必要です。そういう場所は、借りるのも高いのです。
楽器の手入れも大変。
楽団の台所は今でさえ火の車

「もう、うち、やってけなくなっちゃった。
ただでさえ苦しかったのに、もうダメだなあ・・・・・・
でもなあ、今から他の仕事を探すっていったって・・・・・・」

練習の合間をぬって、楽団の合わせの合間をぬって、
フルタイムじゃないからそう多くない職種のなかからやっと見つけた条件の悪いアルバイトをしながら、音楽を続けていた、あの人、あの人、あの人・・・・・・
肩を落とす姿が思い浮かびました。

12月25日、予算が発表されました。
26日の早朝、catmouseはテレビを聞いていました。

テレビからこんなニュースが流れてきました。
「事業仕分けでカットされた学校への芸術家等派遣は復活しました」

確かに聞きました。いや、聞いたような気がしたのかな?
26日の朝刊をポストからとってきて、スミからスミへと目を走らせました。

載っていない・・・・・・

ネットを検索しました。
探せない・・・・・・

あれは願望がなせる空耳だったんだろうか?

だれかご存知だったら教えてください。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。