Bel Canto・美しい歌声

オペラ歌手・矢口智恵さんと、智恵さんの出身地・世田谷区民合唱団周辺の音楽事情をcatmouseがお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2月7日は第九のコンサート

名曲コンサートの新聞記事1
名曲コンサートの新聞記事2

読売新聞に、せたがや文化財団音楽事業部が主催する「名曲コンサート」のお知らせが掲載されました。

2月7日、午後2時より。

三軒茶屋にあります、昭和女子大人見記念講堂で、「第九」を中心としたコンサートを行います。

「第九」の楽譜はベーレンライター版。

指揮:田中良和
合唱:世田谷区民合唱団
オケ:世田谷フィルハーモニー
ソプラノ:山田英津子
メッツォ:清水華澄
テノール:児玉和弘
バリトン:友清 崇
合唱指導:金川明裕


チラシの曲目解説より

「第九」については、改めてご説明するまでもないでしょう。
 ただ、指揮の田中良和さんの言葉をお伝えしておきましょう。
「ベートーヴェンは9つの交響曲を書いてきましたが、第九の第四楽章、バリトンのソロがでてきたところから、最後までは、もう喜びでいっぱいです。音楽室に貼ってある肖像画のように怖い顔をして睨んでいるイメージではなくて、ニコニコ笑っているベートーヴェンを聴いていただけるはずです」


練習現場より

「田中先生は笑え、笑えって言うんですけど・・・・・・
 ソプラノはきついんですよね。
 高音はほとんど悲鳴です。
 声を出した後、自分で自分を笑っちゃうっていうか・・・・・・」

本番までになんとかします。
頑張ります。

声が出たら、本当に 歓びます!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。