Bel Canto・美しい歌声

オペラ歌手・矢口智恵さんと、智恵さんの出身地・世田谷区民合唱団周辺の音楽事情をcatmouseがお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

カザルスホールで美しい歌を聞いた

カザルスホール
1月30日、久しぶりにカザルスホールに行った。

前に来たとき、カザルスホールは主婦の友社の持ち物で、経営が思わしくなくなったので、資産整理のため売却するという寸前だった。

音響も良く、建築デザインも美しく、パイプオルガンもあり、手放すのはさぞ残念だろうと思った。

そのカザルスホール、今は誰の手に? と行ってみたら・・・・・・

カザルスホールは、日本大学カザルスホールと名をかえ、

日大の所有物になっていた。

よかったじゃない。

大学で使ってもらって、と思ったが・・・・・・

この日大カザルスホール、使用は今年3月31日までなのだそうだ。

おやおや、また、閉鎖寸前に訪れることになったのか。

この日、訪れたコンサートはマザーグース合唱団の第12回演奏会。

マザーグース合唱団は1957年(昭和32年)桜ヶ丘小学校PTAグループとして発足し、今年53年目をむかえるという歴史の古い女声合唱団。
その長期にわたる活動に対し、世田谷区合唱連盟より感謝状などを授与されている。

指揮指導は岸信介氏。
氏指導の歌声は、女声らしい優しさと感性にあふれていた。
合唱団はその素晴らしい演奏に対して、おかあさんコーラル東京支部大会でたびたび支部大会賞を受賞し、2009年は同大会のマーガレット賞も受賞している。

しかし、今後、カザルスホールはどうなるのだろう?
カザルスホールにあるドイツ・ユルゲン・アーレントのバロック様式オルガンも、どうなるのだろう。

catmouseは、美しいカザルスホールの内装をあちこち眺めながら、美しい女声コーラスを聞くうちに、ものすごく感傷的になってしまった。

ああ?、過ぎ去ってゆく日々よ・・・・・・
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。