Bel Canto・美しい歌声

オペラ歌手・矢口智恵さんと、智恵さんの出身地・世田谷区民合唱団周辺の音楽事情をcatmouseがお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

9月23日世田谷区民合唱団の定期演奏会で

来る9月23日、14時より

世田谷区民会館にて

世田谷区民合唱団の定期演奏会があります。

あれ?世田谷区民合唱団なら、カテゴリーはcatmouseのページじゃないかって?

そうでもないんですよ。

というのは、合唱団の定期演奏会に矢口智恵さんがソリストとして出演します。

何でも今年はシューマン生誕200周年とか。

そこで、シューマンの晩年のミサ曲、

ハ短調のミサ、op.147 を演奏。

そのミサ曲のソプラノソロを

矢口智恵さんが歌います。

オケも、この生誕200周年を記念して、編成されたオケで、全員が若手。

矢口智恵さんも含めて、若い音楽家たちの演奏が聞き所です。

合唱団は高齢なんですけどね。


フローラこの写真は、世田谷区民合唱団と、コンサート形式のオペラ「椿姫」でフローラを歌ったときの智恵さんです。
残念ながら、ここにcatmouseはいません。このときcatmouseは体調を崩してドタキャンしてしまいました。


さて、次、

10月12日 19:00?

渋谷区富ヶ谷1?37?5のハクジュホールにて

「夫婦でオペラ」に

矢口智恵さんも出演します。

「夫婦でオペラ」は

西野薫先生と、藪西正道先生の、ご夫婦によるオペラガラコンサートですが、

そこに、DIVETTA という女声コーラスのユニットが出演し、そのメンバーとして矢口智恵さんも歌います。

DIVETTAのメンバーは、先月、先々月に行われた、ドンナオペラやピアッツァに出演した若手声楽家たち。

DIVETTAって、ひょっとすると「歌の女神ちゃんたち」くらいの意味かな?

これ、ちょっと面白そう、と思ったのは、

このDIVETTAちゃんたちは「きらきら星変奏曲」などを歌うそうですが、それがなんと真島圭氏の編曲によるもの。

去る8月3日のピアッツァで女声ユニット、アユコンコスがやはり真島圭氏による「ロンドン橋落ちた」の編曲を歌ったのですが、それが、ものすごく面白かったんですね。

だから、すごく楽しみ。


主な曲目をチラシどおりに紹介しますと・・・・・・・

オペラ「フィガロの結婚」より序曲?1番の2重唱
オペラ「テレジアスの乳房」より"いいえ、旦那様"
 

  魔王/遠くへ行きたい/きらきら星変奏曲
  アメイジンググレイス/君に告げてよ
  ウイーンわが夢の町/日本唱歌四季のメドレー


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。